toggle
感染拡大を防ぐために、安心安全な除菌・抗菌サービスを取り扱っております
2020-05-15

【使い分けをしよう!】除菌グッズの選び方

除菌グッズには、ジェルタイプやスプレータイプなど様々なアイテムがありますね。

これらは消毒をしたい場所や用途に応じて使い分けることがおすすめです。

なぜなら、それぞれに特徴があるからです。今回は、それぞれの特徴を知ってどういう時にどういうアイテムを使えば良いかということを紹介します。

消毒液 

液状の消毒液は、大容量のものが多いのでお店の入り口や、公共施設などに置くのがおすすめです。一度にたくさんの量が出てしまうので手から溢れる可能性があり、それが床にこぼれると変色するという懸念点もあります。

除菌ジェル 

液状のものに比べ、保湿性に優れています。さらに、肌に優しいことが特徴です。液状の消毒液に比べ、手からこぼれにくい点も利点です。より手軽に使えるのが除菌ジェルと言って良いでしょう。

泡タイプの消毒液

除菌ジェルと消毒液のいいところ取りのアイテム。手からこぼれにくく、除菌ジェルのようにボトルの口が詰まる心配もないです。まだ販売している会社が少ないので、種類が少ないです。

除菌スプレー

シュッとするだけなので、簡単に使えます。衣類用や物にも使えるスプレーなど種類が多いので、購入の際は注意をしてください。広い範囲の除菌をするのにおすすめのアイテムです。

除菌シート

アルコールタイプのものがノンアルコールのものに比べ、より細菌を除去することができます。スマホやキーボードといったガジェットをサッと拭ける便利なアイテムです。

UV除菌

最後に紹介するのが、紫外線で除菌を行うアイテム。除菌スプレーなどに比べて値段が高いですが、充電すれば繰り返し使うことができます。広い範囲の除菌には向いていませんが、こちらも除菌シートと同じく、水に弱いスマホなどのガジェトにおすすめです。人体に当たると危険なので、使う際は注意をしてください。

用途によって使い分けをしよう

人が使うものとして、アルコール液や泡タイプがおすすめでした。またジェルタイプのものは、ポーチに1つ入れて持ち運ぶのが便利でしたね。自宅やオフィスで広範囲のものを除菌するにはスプレータイプ、水に弱いアイテムを除菌するには、除菌シートやUV除菌ができるアイテムがおすすめでした。このように、除菌アイテムは用途によって使い分けをすることで、さらに効果が発揮できます。うまく使い分けてみてくださいね。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事