toggle
感染拡大を防ぐために、安心安全な除菌・抗菌サービスを取り扱っております
2020-05-01

【要注意】実はこんなに汚い!?オフィスで雑菌が増えやすい場所

一見キレイに見えるオフィスでも、実はさまざまな雑菌が繁殖していることはよくある話です。オフィスでの抗菌・除菌は、業務を滞りなく行うことだけでなく、社員のケアにも有用です。オフィスの中の意外に汚い箇所をご紹介します。

ドアノブ

多くの人が触れるドアノブには、様々な雑菌が潜んでいることが考えられます。トイレで手を洗っても、ドアノブを握れば新たな雑菌が手に付着してしまいます。

手洗いだけでなく、ドアノブを触ったあとにアルコール消毒を推奨することがよいでしょう。

パソコンのキーボード

家庭でもオフィスでも使用することの多いキーボード。実は汚れが付着しやすく、雑菌も繁殖しやすいものなのです。アメリカやイギリスの研究によると、驚くことにパソコンのキーボードにはトイレの便座の5倍の雑菌が付着しているとのこと。

普段から使用しているので、キーボード上の汚れは軽視しがちですが除菌シートやクリーニング用のスプレーなどを使ってこまめに清掃することを心がけましょう。

電話の受話器

電話機本体はもちろんですが、受話器は特に唾液が付着する部分でもあり、雑菌が繁殖しやすい場所とも言えます。電話の前後には、すぐに除菌シートなどを使い汚れを拭き取るようにしましょう。

デスク

2001年の米アリゾナ大学の研究グループの報告によると、オフィスのデスクには、トイレの便座の400倍の雑菌が潜んでいるそうです。パソコンのキーボードよりも汚いです。

デスクの上でお菓子を食べたりランチを食べたりするとすぐに食べかすで汚くなってしまいます。デスクの上では食事をしないなど、ルール付けをするのも効果的な対策となります。

エアコンからの空気

夏場・冬場と活躍するエアコンも実は雑菌が繁殖しやすい場所です。エアコンは外部の空気を取り入れ、熱をコントロールして冷風、温風を室内に送ります。

この過程で水滴が発生しやすく、ホコリと交わって内部にこびりついてしまいます。カビや雑菌を発生させ不衛生な状態となってしまいます。この場合、フィルタの清掃だけでは取り去ることができないので内部洗浄する必要があります。

まとめ

上記に挙げた以外にも、トイレや給湯室、自動販売機など、不特定多数の人が触る場所は多くの雑菌が繁殖している可能性があります。お客様も社員も快適に過ごせる環境づくりをするために、こまめな清掃や除菌を心がけることが大切です。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事