toggle
感染拡大を防ぐために、即日対応可能な消毒・除菌清掃サービス
2020-06-30

家の除菌を楽しめるアロマ入りエタノールと作り方をご紹介!

感染症対策で、普段より家の中を念入りに掃除する機会が以前よりも多くなった方も多いはず。

清潔な状態を保つことは大切なのですが、手間が増えて面倒だと感じることもあるでしょう。

そんな時におすすめなのは、手作りのエタノールスプレーです。

好きなアロマを入れて混ぜれば消毒や掃除の時間がいつもよりも楽しくなるはず!この記事の中で手作りのアロマ入りエタノールの作り方をご紹介していきます。

消毒用エタノールにアロマを入れれば香りを楽しみながら除菌できる

消毒用エタノールは毎日使うものですが、無機質なイメージですよね。

楽しみながら消毒したい方には、好きなアロマオイルを入れて香りを楽しむと気分転換にもなりますし大変おすすめです。

手指の消毒をする時も香りがついていることでリフレッシュにもなりますし、拭き掃除をする時に使えばエアリフレッシュナーやルームフレグランスの代わりにもなり一石二鳥です。

おすすめのアロマオイル3選

手作りのアロマ入りエタノール液を作るときは、エッセンシャルオイル(精油)がおすすめです。

合成香料でもいいのですが、香りが強すぎたりするので調整しやすい精油を使うのがいいでしょう。

消毒や掃除が目的なら特におすすめなのは、

・ティーツリー
・ミント
・ユーカリ

などさっぱりとした香りのもの。

お気にいりのものを1種類だけ入れてもいいですし、いくつかまぜて自分だけの香りを作るのもいいでしょう。

自分でアロマ消毒用エタノールを作る方法

自分でアロマ入りの消毒用エタノールを作るなら、

・エタノールの液体に混ぜる

・アルコールティッシュなどにエッセンシャルオイルをしみこませる

などの方法があります。

消毒用エタノールの容器に数滴エッセンシャルオイルを入れて混ぜる時は、使うたびによく振ってください。無水エタノールから作る時は精製水を入れて、大体70%くらいの濃度になるように調節しましょう。

アルコールティッシュや掃除用シートに少ししみこませる方法も、簡単でおすすめです。

エッセンシャルオイルは種類によって香り方が違うので、少しずつ入れて調節しましょう。

できたら直射日光の当たらない場所に保管してください。

まとめ

アロマ入りのアルコールスプレーを手作りするのは、難しそうなイメージがあるかもしれませんが実際は混ぜるだけでいいので誰でも簡単に始められます。

アロマ入り製品も発売されていますが、手作りの良さは自分の好きな香りのものが作れることでしょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事