toggle
感染拡大を防ぐために、即日対応可能な消毒・除菌清掃サービス
2020-06-23

消毒用エタノール(アルコール)がない!そんな時はどんな代用品を使えばいい?

感染症予防や衛生対策のために消毒用エタノール(アルコール)を使いたいけど、薬局などでは品切れで買えない・・・最近そんな経験をした人も多いでしょう。

消毒用エタノール(アルコール)がない場合はどのような代用品を使えばいいのでしょうか?この記事の中で3つご紹介していきます。

高度数の飲料用アルコールは効果がほぼ同じ

薬局やドラッグストアで消毒用エタノールが売っていない場合は、度数が高いお酒を代用品に使うのがおすすめです。

スピリタスやドーバーのスピリッツ88、バルカンなどもともとあった高度数のスピリッツを消毒に使う人もいますが、現在では消毒エタノールの代わりに開発された製品も多数登場しています。

これらの製品は、オンラインショップ・酒店・道の駅・酒蔵の店頭などで購入できます。

状況によっては購入制限が設けられることもありますので、買い占めなどはしないよう注意しましょう。

次亜塩素酸ナトリウム液は家庭にある材料で作れる

エタノールと同じく、消毒・除菌に使われているのが次亜塩素酸です。

エタノールが手に入らない時でも、ご家庭にある塩素系漂白剤で簡単に次亜塩素酸ナトリウム駅が作れるんです。

500mlのお水に、キャップ1杯(5ml)の塩素系漂白剤を入れてよく振って除菌や掃除に使用してください。ドアノブ・蛇口・玄関・床・トイレなどの掃除におすすめです。(床の素材を確認してから使用してください。)

次亜塩素酸ナトリウム液を使用する際は、以下の点に注意してください。

・手指や肌の除菌には禁止

・掃除に使う時はゴム手袋などを着用するとよい

・換気を行いながら使用する

・作った液は直射日光に当てない

できれば使う度に作った方がいいですが、余ってしまったら遮光性の高い容器にいれるかアルミホイルなどで包んで冷暗所で保管しましょう。

代用品を使う場合はよく調べよう

感染症の流行や衛生意識の高まりによって、色々な対策を試す人もいます。

中にはイメージだけで効果を謳っているものも少なくありませんので、むやみやたらに信じて取り入れるのは危険な場合もあります。

厚生労働省や医療機関に認められたものを利用するよう心がけてください。

まとめ

消毒用エタノールは、家庭・医療機関・飲食店・オフィスなどたくさんの場で需要が高いので入手が難しくなる可能性もあります。

代用品を知っておくことで、いざという時も落ち着いて対処できるようになるでしょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事