toggle
感染拡大を防ぐために、即日対応可能な消毒・除菌清掃サービス
2020-05-20

除菌には次亜塩素水とアルコールどちらがいいの?

除菌にはアルコール除菌と次亜塩素水除菌、さらには次亜塩素酸ナトリウムを使ったものなど種類は様々あります。除菌スプレーを購入する際に、様々な種類が販売されていると迷ってしまいますよね。日本では、アルコール除菌がメジャーですが、実は次亜塩素水除菌がおすすめなんです。今回は、それぞれの違いについてお伝えします。

アルコール除菌とは

アルコール除菌の主成分はエタノールです。除菌液には、濃度が表記されていますが、この濃度が高ければ高いほど良いというわけではありません。濃度が高いとすぐに蒸発してしまうため、除菌効果が弱まってしまうんですね。

次亜塩素水とは

次亜塩素水とは、食塩や塩酸を水に溶かして電気分解した除菌剤です。

よくハイターを薄めた次亜塩素酸ナトリウムと混同されますが、これらは主成分こそ同じですが別のものです。亜塩素水の方が、皮膚やものに対するダメージが少ないのが特徴です。

アルコール除菌と次亜塩素水除菌との違い

ここからは、アルコール除菌と次亜塩素水除菌の違いについて説明します。

刺激の強さ

次亜塩素水除菌は刺激が小さいのが特徴です。アルコール除菌だと使用頻度が多かったり、肌が弱い人が使用すると肌荒れをしてしまう恐れがあります。一方、次亜塩素水は、有機物に触れると水に戻る性質があるので安心して使用することができます。

保存期間

一般的なアルコール消毒の保存期間は3年ほどと言われています。それに比べて次亜塩素水は半年ほどです。中には、保存期間が長い製品もありますが、そういったものは混合物が入っていることが多いので、注意してください。また日光などで劣化してしまう性質のため、保管場所は直射日光が当たらない場所にしましょう。

アルコールには効く菌と効かない菌がある

アルコール除菌は、全ての菌に効くわけではないのです。例えば、アルコール除菌のノロウイルスへの殺菌効果は低いと言われています。一方、次亜塩素水はこうしたノロウイルスにも対応できます。

空間への除菌に向いているかどうか

アルコールは、火に近づけると引火する危険があるため、空間除菌には向いていません。しかし、次亜塩素水は刺激が少ないので空間除菌にも向いているアイテムと言えます。

次亜塩素水を除菌アイテムに取り入れてみてはいかがでしょうか

次亜塩素水は、アルコール除菌に比べて除菌できる菌が多く、刺激が少ないアイテムでした。アルコールは引火などの心配がありますが、次亜塩素水はそういった心配もありません。より安全で効果のある次亜塩素水。ぜひ日頃の除菌アイテムとして活用してみてください。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事