toggle
感染拡大を防ぐために、即日対応可能な消毒・除菌清掃サービス
2020-05-06

【業種別対策】フィットネスジムに必要な除菌対策

フィットネス関連の施設では、共有のジムマシンやダンベル、マットなどウイルスや雑菌が広がってしまうことがしばしばあります。

本記事では、フィットネスジムで行うべき除菌対策をご紹介します。

ジム器材はどれだけ汚い?ダンベルについたバクテリアは便座の362倍も

アメリカのフィットネスサイト・Fitratedの研究によると、ジム器材がバクテリアの温床となっていることが分かりました。

ランニングマシンやエアロバイク、ダンベルから大量のバクテリアが検出され、なんとダンベルに付着したバクテリアはトイレの便座の362倍もあることの調査結果が出ています。

汗拭き用のタオルだけで除菌は可能?

ジム器材に付属している汗拭き用のタオル。使用後は器材の汗を拭き取ることがジムのルールで定められていることがほとんどです。

汗を拭き取ることは重要ですが、それだけでは菌を除去することはできません。

マシン専用の除菌スプレーを吹きかけるなどして正しく拭うことが必要です。

汗拭き用のタオルと除菌用のタオルは別で分けて管理しましょう。

ジムでおすすめの除菌剤は?

一般的によく使われているのはアルコールスプレーです。どこでも手に入り、速乾性もあるため使いやすさも抜群です。

しかしアルコールは手荒れや乾燥のリスクもあります。

そこでおすすめなのが次亜塩素酸水です。弱酸性であるため、皮膚や物品にダメージを与える心配がありません。

いま、次亜塩素酸水は、安全・安心して使える除菌剤として注目を集めています。

効果は認められているものの、近年登場した除菌剤であるため、あらゆる菌に対応できるとは言い切れない部分もありますが、日常生活における利用については困ることはないでしょう。

まとめ

健康のために通っているジムには、意外にも感染のリスクが高い環境であるとも言えます。

オーバーワークをしすぎてしまうと免疫力が弱くなり、ウイルスが侵入しやすい状態となってしまいます。適度な運動を心がけ、快適なジムライフを送れるように、清潔な環境づくりを心がけましょう。

東京・神奈川・埼玉・千葉・静岡の消毒・除菌清掃はD.I.plus(ディーアイプラス)におまかせください!
感染症予防やウイルス対策にぜひご利用くださいませ。
エアコン清掃や害虫駆除など、その他の作業もお引き受けいたします!

関連記事